MENU

どんな作用があるの?

近年、掃除道具の一つとして重曹を取り入れる人が多くなってきました。

 

テレビや雑誌といった媒体でも、重曹を導入した掃除方法が大きく取り扱われるほどの注目アイテムなのです。

 

重曹には、炭酸水素ナトリウムと呼ばれる正式名称が与えられています。
ずいぶん前から存在しているので、炭酸水素は重炭酸、ナトリウムは曹達(ソーダ)という呼称が用いられていたため、簡略化されて重曹と呼ばれるようになりました。
重曹と聞くと、お菓子やパン作りに欠かせないふくらし粉を頭に浮かぶ人も多数いるでしょう。

 

現実には、食用に限らず医療だったり工業などの多方面で用いられています。

 

重曹にはざっくりと分けて5つの作用がもたらされます。

 

中和作用・消臭作用・研磨作用・膨張作用・軟水化作用の5つのことです。

 

この作用はどれもが掃除をする上で有効なものなので、重曹が欠かせないものとなっているのです。

 

中和作用と呼ばれるものは、酸化した汚れを弱アルカリ性の性質の水に溶けた重曹が中和を果たすという作用のことです。

 

消臭作用と呼ばれるものは、酸性化した悪臭の原因になる汚れに対して前述の通り中和を果たすことによりにおいを解消するという働きです。

 

その上、特徴として分子構造がやわらかいので、傷を生じさせずに磨けることが知られています。

 

膨張作用はまたの名を発泡作用と言い、汚れの根っこの部分にまで行き届き、しみと化した汚れにも入り込み表面に浮き上がらせる作用をします。

 

最後に軟水化作用というのは、重曹の働きにより水の質がやわらかくなって洗浄力が高まる作用を示しています。

 

これら5種類の作用を用いて、数々の場所の掃除に取り入れるのです。

 

利用の仕方にはノウハウがありますので、汚れや場所に合った使い方をし、効率よく使いましょう。

 

このページの先頭へ