ハーブビネガーで拭き掃除を

  • 投稿日:
  • by

重曹を取り入れた掃除にハーブビネガーを加えると、拭き掃除に大活躍してくれます。

重曹洗剤での掃除が終わったら、ハーブビネガーを噴射して磨くだけで済みます。
拭き掃除をしたらハーブの香りが残留するため、快適な空間ができあがります。

ハーブビネガーは、ドライハーブに酢を混合させるだけで作り上げることができます。
ハーブビネガー作成時にチョイスする酢は、ホワイトビネガーまたは穀物酢が向いていると言われています。

ちなみに、できあがりまでに10日ぐらい費やさなくてはいけないのが玉に瑕です。
とはいうものの、一度できあがってしまえば掃除に大いに活用できるものになりますのではじめは忍耐強くいきましょう。

酢のニオイは、10分ほどで自然になくなってしまいますから、放って置いても構いません。
たばこやトイレの不快なニオイの対策にもなりますし、魚焼き網のにおいを解消したり焦げ付きを回避するためにも有効です。

重曹と同じでハーブビネガーも元々自然のものを使用しているので、広範囲の掃除に使うことができます。

ただし、少し注意する点が存在します。
酢が悪影響を及ぼすことがあり、大理石についてしまうと表面を溶かす働きがあるので絶対に用いてはいけません。

また、ハーブビネガーは液にハーブの色が出るのが普通なので、色移りしやすい布などへ使用することは控えましょう。

ちなみに人によって、ハーブの成分が災いする場合もありますから、少量使ってみて肌が赤くなるなどの肌トラブルが出ないか様子をうかがいながら使用しましょう。

汚れが目立つときには重曹を使ってじっくりと掃除をし、普段はハーブビネガーを使って簡単に済ますのも良い方法です。