使用する上での注意点

  • 投稿日:
  • by

重曹というものは身体にとって非常に安全な成分でできているので、多くの場所の掃除に役立てられると認められたアイテムです。

しかし、重曹が不向きの場所があるので、基本だけ押さえておくようにしましょう。

重層が黒く変色するトラブルが起こるため、アルミでできているものには適しません。
その上、木や畳の拭き掃除の時に使用してしまうと、黄ばみの要因となってしまうので使わないようにしましょう。

テフロン加工の製品も、やめておきましょう。

重層は、排水溝の掃除にも力を発揮するものですが、排水溝の掃除はやっかいな不具合がよく起こることを頭に入れておきましょう。

排水溝の掃除は手が届かないために、重曹をそこに振りかけて水で洗い流すようにしますが、重曹を必要以上に振りかけてしまう人がいます。
排水溝内で重層が凝固してしまい、詰まりを生じるなどのトラブルが頻発しています。

そういう問題を引き起こさないために、適量を考えて使用しましょう。

仮に詰まった状態になったときは、熱湯を流したり、頑丈な棒で突いてみるなどの処置をとれば改善できることもあります。

重層を部屋の掃除とは別個に洗顔や入浴剤などとして使用したい場合は、食用や薬用レベルのものを採用するようにしましょう。

重層は、その辺で提供されている洗剤と比較すると相当に身体にとって影響の少ない成分ですが、指摘されていることもあります。

肌が頑丈でない人には刺激があり過ぎるかもしれないため、肌の弱い人は肌への接触を避けるように工夫をしましょう。

仮に、肌が強いと自負している人でも、重曹を使った掃除が済んだら、スキンケアを欠かさないようにしましょう。
掃除は毎日繰り返し行うものですから、問題なく済ませたいものです。