MENU

美容効果もありますよ

重曹というのは、掃除に限らず利用が可能な優れたアイテムです。美容のアイテムとして有用なものになるというのを聞いたことはありますでしょうか。例として、重曹の中にハーブビネガーと石けんを加えると、美容効果に秀でた洗顔ができるでしょう。純石けんなどを十分に泡立てたところに重曹を振りかけると、よりなめらかな泡ができあがります。その泡で優しく洗顔した後は、ハーブビネガーを混ぜたお湯で優しくすすぎを済ませます。その他、歯を磨く場合にも重層が有効です。重層2に対しグリセリン1を混合させるだけで、歯磨きペーストが作り出せます。またそこに塩を追加すれば歯ぐきの引き締め効果に繋がりますし、ペパーミントなどの精油を...

» 続きを読む

色んな種類の重曹洗剤を常備しましょう

重曹を用いた掃除洗剤を複数常備しておくと、お部屋のどんな場所の掃除に役立てられます。重層の掃除セットを作り上げて、どんな時も使用できるように準備しておきましょう。掃除セットなら、重層の他に石けんと酢があれば作るのは簡単です。作り出すのは、パウダークリーナーとハーブビネガー水、そして石けん水です。ハーブビネガー水とは、乾燥ハーブを使わないで完成させるハーブビネガー水であっさり作ることが可能です。乾燥ハーブを使用してしまうと、成分が酢に染み出るのに10日を費やすことになりますが、この代わりに精油を取り入れればその場で作ることができます。精油の成分として入っている油分は、ガーゼなどでろ過すると減少さ...

» 続きを読む

ハーブビネガーで拭き掃除を

重曹を取り入れた掃除にハーブビネガーを加えると、拭き掃除に大活躍してくれます。重曹洗剤での掃除が終わったら、ハーブビネガーを噴射して磨くだけで済みます。拭き掃除をしたらハーブの香りが残留するため、快適な空間ができあがります。ハーブビネガーは、ドライハーブに酢を混合させるだけで作り上げることができます。ハーブビネガー作成時にチョイスする酢は、ホワイトビネガーまたは穀物酢が向いていると言われています。ちなみに、できあがりまでに10日ぐらい費やさなくてはいけないのが玉に瑕です。とはいうものの、一度できあがってしまえば掃除に大いに活用できるものになりますのではじめは忍耐強くいきましょう。酢のニオイは、...

» 続きを読む

精油をプラスで効果アップ

重曹と精油を混ぜ合わせた重曹クリーナーも、掃除アイテムとして幅広く使えます。精油とは、植物に含まれる物質で、精油から放たれる植物ごとに違う個性的な香りが大きな役割を果たします。精油と言うより、エッセンシャルオイルと言ったほうが一般的かもしれません。天然物質100%でできるものだけが精油として扱われ、希釈したり人工的な成分が少しでも含まれているものは別物です。ポプリオイルやアロマオイルといったものとは異なり相当に貴重なものですが、あながち高価すぎることはありません。多くの掃除用洗剤を用意するより、良心的な値段で購入することが叶います。精油には色々と種類が見られ、もたらされる作用も変わります。リラ...

» 続きを読む

重曹でカビ取りもできるんです

重曹と酸素系漂白剤をミックスさせると、カビ取り剤と化します。漂白効果や殺菌効果を発揮するため、しつこい汚れも処理できる実用性の高い掃除洗剤です。重曹に加える酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムが100%のものを用いて下さい。合成界面活性剤と塩素系漂白剤に関しては、用いないようにして下さい。重曹の性質はアルカリ性に分類されますが、酸素系漂白剤はより一層強いアルカリ性になっているので、酸性の汚れに有用な洗剤になります。強力な掃除洗剤を作る場合には、重曹、酸素系漂白剤、水を準備することになります。同じ分量の重曹と酸素系漂白剤をミックスさせますが、水の量で硬さをコントロールします。タイルの目地やゴムパッキ...

» 続きを読む

重曹強力洗剤の作り方

重曹強力洗剤というのは、重曹に液体や粉の石けんを混ぜ合わせることで作ることが可能です。重曹の作用によって汚れを中和させて分解し、そして浮かび上がった汚れを石けんで囲んで取り去ることができます。重曹に石けんの力を追加させてダブルのパワーになった掃除洗剤を完成させて、家中の汚れを落としましょう。重曹は食用だったり薬用のものを利用すれば心配も無用ですし、石けんに関しても自然なものを選りすぐれば色々な場所で掃除をすることができます。重曹とミックスさせる液体石けんについては、合成界面活性剤の配合されていないものにこだわって用いるようにしましょう。重曹と液体石けんを2対1の比率で十分に混ぜ合わせれば、ペー...

» 続きを読む

ワンランク上の掃除方法

重曹は、家の様々な場所の掃除に使うことができます。ホームセンターやドラッグストアに足を運べば、掃除する場所に適したたくさんのクリーナー洗剤が置かれています。掃除洗剤の多くは、効果は得られても肌にかける負担は大きく、肌荒れなどといった問題の不安もあります。けれども、重曹なら安全にたくさん使うことができます。擦り洗いを多く行うキッチン周りや食器などの汚れを落としたい時は、重曹を磨き粉として活用するのがいいでしょう。茶渋などの面倒な汚れに対しては、重曹を溶かしたものに浸け置きすることで簡単にきれいにすることができます。汚れを浮かび上げる作用も重曹は持っているので、それを使って取れにくい焦げ付きや、風...

» 続きを読む

重曹プラスで使い方色々

重曹は、通常粉末で売られていて、それだけで使ったり、別のものと組み合わせてまた別のハイパワーな洗剤を生み出して掃除に用います。食用の重層を使用すれば、危険なことはなく部屋中の掃除に活かすことができます。まずは、最も簡単な方法は粉の状態で使うことですが、汚れている部分に直接かけて磨いたりニオイを発している部分にかけて掃除機で吸うテクニックがあります。洗うことが不可能な布製品などでも、汚れにかけてから吸い込むやり方でずいぶん効果が見込めます。除菌効果も優秀なので、洗えないものの雑菌の繁殖を抑えることが期待できるでしょう。使用時に水に溶かせば、つけおき洗いをすることが可能になります。重曹を溶かした水...

» 続きを読む

どんな作用があるの?

近年、掃除道具の一つとして重曹を取り入れる人が多くなってきました。テレビや雑誌といった媒体でも、重曹を導入した掃除方法が大きく取り扱われるほどの注目アイテムなのです。重曹には、炭酸水素ナトリウムと呼ばれる正式名称が与えられています。ずいぶん前から存在しているので、炭酸水素は重炭酸、ナトリウムは曹達(ソーダ)という呼称が用いられていたため、簡略化されて重曹と呼ばれるようになりました。重曹と聞くと、お菓子やパン作りに欠かせないふくらし粉を頭に浮かぶ人も多数いるでしょう。現実には、食用に限らず医療だったり工業などの多方面で用いられています。重曹にはざっくりと分けて5つの作用がもたらされます。中和作用...

» 続きを読む

使用する上での注意点

重曹というものは身体にとって非常に安全な成分でできているので、多くの場所の掃除に役立てられると認められたアイテムです。しかし、重曹が不向きの場所があるので、基本だけ押さえておくようにしましょう。重層が黒く変色するトラブルが起こるため、アルミでできているものには適しません。その上、木や畳の拭き掃除の時に使用してしまうと、黄ばみの要因となってしまうので使わないようにしましょう。テフロン加工の製品も、やめておきましょう。重層は、排水溝の掃除にも力を発揮するものですが、排水溝の掃除はやっかいな不具合がよく起こることを頭に入れておきましょう。排水溝の掃除は手が届かないために、重曹をそこに振りかけて水で洗...

» 続きを読む



このページの先頭へ